ひじの痛みの原因

@転倒などでひじをぶつけて痛みが出てしまった場合 

     <骨折・脱臼・打撲・捻挫など>

Aスポーツをしていて徐々に痛みが出てきた場合 

   <テニス肘・野球肘・離断性骨軟骨炎など>

Bひじの内側がビリビリ電気が走った感じで痛む場合  

   < 肘部管症候群・遅発性尺骨神経麻痺など>

Cふたを捻って開けるときや椅子などを引き寄せる時に痛む場合

   <上腕骨外側上顆炎>

D子供が手を引っ張られ急に腕を動かさなくなった場合

   <肘内障など>

E中高年の方で肘の動きが徐々に悪くなってきた場合

   <変形性関節症など>

よくある原因内容から疑えるものを< >内に記入していますが、

必ずしも一致するとは限りませんので、参考程度にお考えください

ひじについて

ひじが痛む方は重たいものを無理に持ち上げたり

同じ動作の繰り返しで骨・靭帯・筋肉に負担がかかり結果的に

痛みとして症状が現れる方が多いです。

ひじは日常生活において非常に動かしている関節です。

痛みがあるのに治療せずに我慢していると腕に力が入らなかったり、

しびれが出てきたり 痛みがなかなか取れなかったりと

後遺症が残ってしまいます。 

あと、スポーツが原因で痛みやしびれがある方の多くは

自分の筋力や柔軟性などからだにあってない

無理なフォームで頑張りすぎて症状が出てきます。  

当院でも最適な方法で治療に当たりますが症状によっては

治療するのが困難な場合があります。

そのときは他の医療機関にご紹介いたします。

はしもと鍼灸整骨院

みなさまのお悩みを出来るかぎりサポートしていきます
北摂のかけこみ寺&寺子屋を目指して日々頑張っております

 ※ 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます