足の痛みの原因

@ 転倒した時に痛みがでた場合 

     <骨折・捻挫・脱臼など>

A くるぶしの内側に痛みがある場合

     <足根管症候群・有痛性外脛骨など>

B かかとが地面に着くたびに痛みがある場合

     <足底腱膜炎・踵骨骨棘形成など>

C つま先立ちすると足の裏に痛みがある場合

     <モートン病など>

よくある原因内容から疑えるものを<>内に記入していますが

必ずしも一致するとは限りませんので参考程度にお考え下さい。 

足の捻挫について

 

 a0070928_12144527.jpg外見上では内出血、腫れ、熱感が出ます

足の捻挫.gif 多くは外くるぶしの周りの靭帯を損傷します


まずはこの処置を必ず!!してください

img02.jpg

捻挫は急激な力が足の関節(靭帯や筋肉や骨)に加わり傷めます。

症状としては、

@足首に熱がある

A腫れる

B歩き始めに痛い

C内出血がある

D痛めた側に体重をかけるのが怖い

 

傷めた原因によっては、骨折してもおかしくないぐらいの力が

関節に加わっている方もあります。

たまたま、骨折は免れたが靭帯損傷がひどい方もおられます。

捻挫は、@〜Dに対して治療していかなければなりません。

それぞれの症状は、回復していく際に時間的な差があり

熱・内出血・痛み・腫れの順番で治るケースが多く

痛みがなかったら治ったと思われるでしょうが

症状が完治しないと後から痛みが出てくる場合があります。

治療途中に止めてしまうと次の症状を訴える方が多いです。

・「天気が悪いと何となく痛みがある」

・「よく歩いた後に痛みがある」

・「足首に違和感が常にある」

捻挫と侮って治療をしなければ後で後悔することになります。

必ず自己判断せずに当院にご来院ください。


治療する過程で、オススメしているサポーターを2つご紹介します。

症状によりオススメするサポータは違いますので、ぜひご相談ください。

ダイヤ足首サポーター.gif比較的軽度な場合はこのサポーター

lineupashi02.jpg

ダイヤ足首 アンクルガーメント.jpg何回も捻挫を繰り返す方はこのサポーター


上のサポーターは片方で¥1620(税込)

下のサポーターは両則のペアで¥3050(税込)

足底腱膜炎について

chronic_problem_with_foot.gif足底筋膜炎骨棘5.png

が原因になるのが足底腱膜炎です。

朝起きて立ち上がった時に痛みが強く、しばらく歩くと痛みが軽減するのが特徴です。

痛みが出てくる場所が右の範囲によく出てきます。

このあたりに痛みがあれば、大体が足底腱膜炎といって間違いないでしょう。

の辺りを整形外科さんではレントゲンを撮って骨棘があるかをチェックします。

症状が長期間に渡っている場合は、クツの中敷(インソール)で対処し、

痛む患部には局所にステロイド注射などをする場合があります。

整形外科さんなどで治療中の方は整骨院で保険治療する事はできません。


中々治りにくい症状で、長期を呈する場合がほとんどで、

足底板(インソール)を使用しても改善しにくい方がおられます

足底腱膜炎は、単にその部分だけの問題ではありません。

・足のアーチ

・下腿部(ふくらはぎ)の緊張度合い

・下腿部(ふくらはぎ)の血液循環不足

・全身の姿勢が影響する4つの問題点があります


当院でおすすめしているのはPRセルでの治療になります。

1回の治療費は¥3240(税込)になります。

おおよそではありますが、大体1週間に2回の頻度で

3〜4週間(6〜10回)程度で大体の方は改善していきます。

モートン病について

images (26).jpg  モートン病の場合、足裏のこのあたりに体重が加わると痛みが出ます

 

10moton02.gifヒールやつま先立ちをして圧迫されて神経に炎症が生じます

モートン病は痛みが長期に及ぶことが非常に多く患部を安静にする必要があります

皮下出血はありませんが、捻挫に近い症状を呈します

 

@患部を押さえて痛みが強いかどうかをみて患部に対して超音波をします

 

A足底の筋肉に硬結が強かったら軽めにマッサージをします

 

B日常生活での注意点をアドバイスいたします

 

出来るだけ治療する間隔を空けずに来院することをおすすめします。

はしもと鍼灸整骨院

みなさまのお悩みを出来るかぎりサポートしていきます
北摂のかけこみ寺&寺子屋を目指して日々頑張っております

 ※ 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます