このような症状の方におすすめです

  • からだの疲れを最近よく感じる
  • 食事を摂ってもおいしく感じない
  • 食欲が出てこない
  • 食欲が異常にある
  • いくら寝ても疲れがとれない
  • 睡眠の質が悪い
  • 夜寝ても夜中に目が覚めてしまう
  • 最近眠剤を飲む回数が増えてきている
  • 目の疲れがとれない、視力が落ちている感じがする
  • 耳鳴りやめまいなどを時々おこす
  • 内臓の調子がどうも悪い気がする
  • 胸焼けを最近よく起こす
  • 季節の変わり目になると調子が悪くなる
  • 雨が降る前になると調子が悪くなる
  • マッサージなどをよく受けに行くがいまいちすっきりしない

自然治癒力と東洋医学

この世に生まれてきたものには、自然治癒力が備わっています。

動物、植物関係なく治癒力はあります。

私たちにも自然治癒力が備わっています。

よく 自然治癒力 という言葉をみてください

自然治癒していくということです。

言い換えれば、意識しなくても自動的に治っていくということです。


すごいと思いませんか?

何かにぶつけて内出血しても自然と治るし

皮ふを切っても瘡蓋ができて皮ふが治ります。

かぜをひいても治っていきます。

このように私たちの体は自然治癒力によって守られています。

自然に治癒するメカニズムが機能しない時に、

はじめて私たちは病気のことに対して意識するようになります。

  

自然に治ってくれない?なぜ?今までは治っていたのに?

 この様に疑問がわいてきますが、どうしたらよいかというと

 ずばり・・・手当てが必要になるんです。

 

治療をする側は、何が原因で自然治癒力を邪魔しているのか?

問診などで原因を探っていきます。

 

一度重度の病気を患った人は

自然治癒という言葉を身を持って体験します。

 

しかし、症状が激しくない場合(慢性的な症状)は

あまり自然治癒力に対して意識することは意外にないものです。

 

東洋医学は、一言でいえば予防医学になります。

病気になる前の状態を判断し、治療すること

これこそが東洋医学の神髄といってよいと思います。

治療の手順

 

STEP1

問診表の内容を確認して問診をしていきます

今、あなたの身体がどういう状態で

何があなたの免疫力(治癒力)を阻害しているか

問診表をもとにしてお聞きします。

STEP2

脈の状態をみていきます

東洋医学では脈の見方は脈が速いのか遅いのか

力強いか弱いかなど細かく見ていきます。

脈の状態は今のあなたの状態がどうかを見ています。

(脈状診といいます)

STEP3

お腹の状態をみていきます

東洋医学では圧痛、冷えや熱、知覚過敏、違和感、

緊張感や硬さ、軟らかさなどを見ていきます。

お腹の状態はあなたの過去から現在までの状態が

反映されて色々な現象を教えてくれます。

(腹診といいます)

STEP4

手足のツボを押さえてどうかをみていきます

左右の手足のツボを押さえて痛みがあるかどうかを

見ていきます。炎症があるかどうかを調べます。

からだに炎症があれば痛みを感じます。

(火穴診といいます)

STEP5

頭のツボ(百会)を押さえてどうかをみます

頭のてっぺんがブヨブヨしてないかどうかを見ていきます

慢性的な症状がある方や病が治りにくい方は出やすい

からだの反応です。

(頭部お血といいます)

STEP6

肩の凝り(強度の圧痛)をみていきます

肩(肩井)と足(陰陵泉)と腕(ゲキ門)を押さえて

痛みがあるかどうかを見ていきます。

心因性の自律神経症や心身症の時に症状が現れます。

精神的な要素が今の症状に関わっているかどうかを

治療する側は判断していきます。

STEP7

背中と腰の状態をチェックしていきます

背中の筋肉の緊張度や熱感度皮ふの発疹や乾燥や湿潤度、

皮ふの色合い総合的に見ていきます。

自律神経失調の度合いや内臓体制反射があるか

あなたのからだが出しているサインを

治療する側は判断していきます。

STEP8

首、すねの筋肉の緊張度合いをチェックしていきます

からだ全体の筋肉のコリや緊張や張り、喉の扁桃腺の状態がどうか、

胃の調子は悪いかどうかなどを治療する側は判断していきます。

STEP9

STEP1〜STEP8までを総合的にみて治療してきます

・免疫が弱っているのか?

・自律神経的な問題なのか?

・血流など循環が問題なのか?

・内分泌系が問題なのか?

・筋肉系が問題なのか?

大きく分類して上記の5つの問題が

あなたの自然治癒力を阻害している因子なのか

それは1つなのか、

それとも複合しているのかを判断して治療開始します。

STEP10

治療終了後にあなたのからだの状態をお教えいたします

あなたの症状に対して治療を担当した者がどれぐらいの頻度で

治療をした方が良いかお伝えします。

鍼灸治療のコースと料金について

初回時は当院にご連絡していただいて予約をお取りください。

 

当院に初めてご来院の方は★鍼灸治療Cをお選び下さい★

※初診の方はお悩みなどお聞きすることがありますので

 多少時間がかかるために鍼灸治療Cをお願いしています

 2回目以降のコースは治療計画をお伝えします


★症状が軽減している方は鍼灸治療Bコースをおすすめしていまあす

※再診の方はお選び頂いて結構です。初診時の方は不可になっております。

 

 

メニュー コース 時間 料金
鍼灸治療 鍼灸B 40分 ¥3,500+税(¥3,780)
鍼灸C 60分 ¥5,000+税(¥5,400)

共通回数券 料金 有効期限
10回券 ¥30,000(¥32,400)   3ヶ月

大阪府高槻市橋本鍼灸整骨院 鍼灸治療 胃腸不良 頭痛 自律神経.JPG

鍼灸治療担当  橋本 知樹

身体の調子が悪い方、ぜひおこしください

どうしようか悩むより治療する方が早いです

はしもと鍼灸整骨院

みなさまのお悩みを出来るかぎりサポートしていきます
北摂のかけこみ寺&寺子屋を目指して日々頑張っております

 ※ 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます