日々頑張っている胃腸

私たちは、この世に生まれてから死ぬまで一生食事をする必要があります。

・食べ物を消化して(消化)

・栄養を吸収して(吸収)・その栄養を体の隅々に運んで(運搬)

・不必要なものを排出して(排泄)

健康な時には考えもしないと思いますが、生まれてから死ぬまで

消化器は、あなたの身体を健康にするために頑張ってくれています。

 

胃腸の調子が悪いそう感じるのは、皆さんがどのような時ですか?

年齢的なもので感じますか?

暴飲暴食した時ですか?

身体が冷えきってしまった時ですか?

職場でストレスを感じた時ですか?

ウイルスなどに感染した時ですか?

妊娠してつわりの時ですか?

生理痛などの時ですか?

感じ方は千差万別と思いますが、原因を大別すると

自分の体が原因で調子が悪くなるか自分以外の原因で調子が悪くなるかに分かれます。

★姿勢の影響がある方はアクチベーターで

★胸やけがある方は鍼灸治療で

★お腹が張る方はインディバで

あなたのお悩みをサポートしております

胃腸不良に対する当院の治療方法

胃カメラや、大腸ファイバーなどで検査しても異常はないがなんとなく調子が悪い場合は、

精神的なストレスで自律神経に影響し下痢と便秘を繰り返すことがあります。

これはIBS(過敏性腸症候群)といって近年増えている症状ですが、

それ以外にも逆流性食道炎(胸焼け)や慢性胃炎などいろいろあります。


★お腹が張って冷たく背中が張る方はインディバAをお選び下さい


★お腹が張って胸やけをされている方は鍼灸治療をお選び下さい


★背中が張って姿勢が悪くなる方はPRセルAをお選び下さい

胃腸不良と鍼灸

鍼灸治療で胃腸の調子を良くするには、

何が原因で胃腸不良を起こしているかによって治療方法が変わります。

冷えたことによるものなのか

ストレスが溜まり過ぎたのか

暴飲暴食によるものなのか

原因はたくさんあり1つだけの場合も1つだけではなく、

複数重なって症状を呈する事もあります。

東洋医学の考え方として身体が不調になった時に

胃腸の回復が非常に大事になってきます。

当院ではあなたの胃腸の症状がどのような状態なのかを

東洋医学的な脈を診たり腹部を診たり舌を診たりと

色々な場所で総合的に判断してそれに合わせて症状にあったツボを選んで治療して

正常な状態になるようにしていきます。

胃腸不良とアクチベーター(全身矯正)

胃腸不良が姿勢からの影響を受ける事もあります。

私たちの身体には背骨が存在しますが背骨は後ろから見ると真っ直ぐなのが普通です。

横から見るとカーブがあるのが普通ですが、

後ろから見てカーブがある場合一般的に側弯症といいます。

側弯症も先天的あるいは後天的な原因があります。

 

横から見てカーブがある場合それは生理弯曲といい正常なのですが、

カーブがきつ過ぎてもなさ過ぎても問題になります。

(猫背、ストレートネック、腰椎すべり症、腰椎分離症など)

 

背骨のカーブは身体にかかる衝撃を緩和する役割をもっています。

また内臓に対しても保護する役割もあります。

姿勢が悪いと、この役割を十分発揮することができなくなるのです。

姿勢が悪い方は、内臓の働きが十分でない方が多くみられます。

 

病院で検査しても異常がないが胃腸も調子が悪い方は

姿勢を改善する方法として当院で行っている

アクチベーター(全身矯正)をされることをおすすめします。

はしもと鍼灸整骨院

みなさまのお悩みを出来るかぎりサポートしていきます
北摂のかけこみ寺&寺子屋を目指して日々頑張っております

 ※ 当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます